大正琴/楽器紹介

木製の中空の胴に2〜12本の金属弦を張り、簡単な鍵盤を備え、
鍵盤を左手で押さえて右手のピックで弾いて演奏します。

楽譜は数字で表記された「数字譜 (横書き数字譜) 」 を使います。
大正琴の鍵盤に数字が書かれています。
そのため、大正琴は習得しやすい楽器となっています。

横書き数字譜 の例

一般に大正琴は鍵盤の位置がギターなどの弦楽器ように不均等となっています。

従来の大正琴の鍵盤

琴修会の大正琴は、鍵盤をピアノの鍵盤同様均等に配置することにより、
運指楽であると同時に鍵盤楽器経験者が習得しやすい形状となっています。

琴修会の大正琴の鍵盤

琴修会 兵庫明石会のレッスンでは、琴修会の大正琴を使用しています。

タイトルとURLをコピーしました